キャッシングをする前に注意するべきこと

キャッシングはATMから簡単に借りることができ、返済も毎月一定額なので便利な面がある一方、使い過ぎて返済が困難になり、酷くなると自己破産をしてしまうケースもあります。

【キャッシングを使う前に注意しておきたいこと】

それは「目的もなくキャッシングを使わないこと」と「返済計画をしっかり立てること」です。お金がないから今すぐお金借りるならとりあえずキャッシングをしよう、今月も足りないからキャッシングして賄おう、欲しいものがあるからキャッシングをしようとキャッシングすることが当たり前になってしまうと、あっという間に限度額に達してしまい、返済に苦しめられることになります。

キャッシングをする前に「なんでお金が必要なのか」を自分に問い直し、目的があるキャッシングなのかを冷静になって考えることです。結婚式、旅行、車といった明確な目的がある場合はキャッシングを利用しても良いと言えますが、足りないから借りようとすると、その後足りなくなったらキャッシングすれば良いと思うようになり、キャッシングに対して罪悪感を持たなくなり、借金をどんどん増やすことになります。

【キャッシングは借金なので返済する必要がある】

目的も無く、足りないからキャッシングをしてしまう計画性のない使い方をすると、返済が苦しくなります。そこで、返済計画を立てておくことが必要なのです。キャッシングをする前にどうやって返済をするのか、返済シュミレーションを作って、毎月の返済額を知っておくことです。金額が大きいと返済完了までに数年かかることもあるので少なくても1年間の返済計画を立てる必要があります。毎月どのくらいの金額を返して、利息がどのくらいかかって、返済完了までにかかる期間を調べます。
また、早く返済したいからと返済額を高くして無理な計画を立ててしまうと、別のキャッシングに手を出してしまったりと、あちこちに借金をして気が付いたら高額な借金を背負ってしまう可能性もあります。返済額は自分の収入の範囲内で無理のない金額であるかを計画に盛り込み、地道に返していくことが大切です。よって、キャッシングをする前に「目的があるのか」「最低1年間の返済シュミレーションを立てること」を念頭に置くことがキャッシングを行う上で注意するべきことです。