何社もまとめてカードローンを申し込むのは危険

カードローンは審査の厳しいところもあれば甘いと言われるところもあります。この基準はローン枠の大きさにもよりますが雇用形態に関わらずパートタイマーや学生でもローンが組めたり過去に他社で多少の返済期限の滞りがあっても審査に通るカードもあります。これは各カード会社に独自の審査基準があるからですがどこのカード会社もお金を借りてほしいことに変わりはないのである程度の内容によっては審査を通すよう考慮されることもあります。

ただし総量規制に引っ掛かっていたり自己破産や債務整理をした過去があればどのカード会社にも認めてもらえません。繰り返し返済が遅れることがあったり長い期間滞っている場合も信用機関のブラックリストに載ってしまえば審査は通りません。反対にすでに他社に借金があっても返済の滞りがなければむしろ信用されるのでカードが作りやすくなります。ただし問題になるのが仮に申し込んだカードローンが断られた場合です。それでも口コミなどで審査が甘いときいた別の会社に申し込むとその審査も落ちてしまいます。これは前のカード会社の審査が通らなかったことが信用機関に載ってしまうからです。いかなる理由であれこの事実はとても重視されるのでローンを断られて少なくとも3ヶ月は次の申し込みを避けた方がよいでしょう。

キャッシングをする前に注意するべきこと

キャッシングはATMから簡単に借りることができ、返済も毎月一定額なので便利な面がある一方、使い過ぎて返済が困難になり、酷くなると自己破産をしてしまうケースもあります。

【キャッシングを使う前に注意しておきたいこと】

それは「目的もなくキャッシングを使わないこと」と「返済計画をしっかり立てること」です。お金がないから今すぐお金借りるならとりあえずキャッシングをしよう、今月も足りないからキャッシングして賄おう、欲しいものがあるからキャッシングをしようとキャッシングすることが当たり前になってしまうと、あっという間に限度額に達してしまい、返済に苦しめられることになります。

キャッシングをする前に「なんでお金が必要なのか」を自分に問い直し、目的があるキャッシングなのかを冷静になって考えることです。結婚式、旅行、車といった明確な目的がある場合はキャッシングを利用しても良いと言えますが、足りないから借りようとすると、その後足りなくなったらキャッシングすれば良いと思うようになり、キャッシングに対して罪悪感を持たなくなり、借金をどんどん増やすことになります。

【キャッシングは借金なので返済する必要がある】

目的も無く、足りないからキャッシングをしてしまう計画性のない使い方をすると、返済が苦しくなります。そこで、返済計画を立てておくことが必要なのです。キャッシングをする前にどうやって返済をするのか、返済シュミレーションを作って、毎月の返済額を知っておくことです。金額が大きいと返済完了までに数年かかることもあるので少なくても1年間の返済計画を立てる必要があります。毎月どのくらいの金額を返して、利息がどのくらいかかって、返済完了までにかかる期間を調べます。
また、早く返済したいからと返済額を高くして無理な計画を立ててしまうと、別のキャッシングに手を出してしまったりと、あちこちに借金をして気が付いたら高額な借金を背負ってしまう可能性もあります。返済額は自分の収入の範囲内で無理のない金額であるかを計画に盛り込み、地道に返していくことが大切です。よって、キャッシングをする前に「目的があるのか」「最低1年間の返済シュミレーションを立てること」を念頭に置くことがキャッシングを行う上で注意するべきことです。

個人信用情報機関とキャッシング審査について

キャッシングの審査には、個人信用情報機関が利用されています。具体的にはCIC(シー・アイ・シー)とJICC(日本信用情報機構)、それにKSC(全国銀行個人信用情報センター)の三つが個人信用情報機関と呼ばれています。CICもJICCも、非常に多くのキャッシング会社やクレジット会社などが加盟している機関です。それに対してKSCは、その名が示すとおりに銀行系の会社が多く加盟しています。いずれにしても、ローン商品やクレジットカードなどの審査の時には欠かせない機関です。

要するに、それら3つが扱っている情報とは、金融機関との取引履歴です。ですからキャッシングやクレジットカードなどを利用すると、信用情報機関に記録が残るのです。たとえばキャッシング会社に申し込むと、たとえ審査落ちでも、その記録は半年程度残ります。また返済状況も完済後、最長で5年程度記録が残ります。そして自己破産の情報などは、最長で十年程度は記録が残ると考えられています。

それらの情報は、金融機関の審査においては重要な判断材料となります。それゆえに信用情報機関に金融事故などの記録がある人は、キャッシング審査などにおいては間違いなく不利になってしまいます。ですから金融機関と健全に付き合っていくためには、事故だけは起こさないようにしましょう。